ファイルの配置の仕方を平易にするためのLIFT原則

Pocket

よくプロジェクト等で「アプリケーションに関するコードはapp以下」「データベースに関するコードはdb以下」のような決まりがありますが、その配置の指針としてLIFT原則、というものがあるようです。

Continue reading…

人のコードを引き継ぐときに一番困るのは「使われていないコード」

Pocket

プログラミングを生業としていると、人のコードを引き継いで開発するなんてこともままある訳ですが、そういうときに一番困るのは「使われていないコード」だなー、としみじみ感じます。

Continue reading…

技術力がある、とは、観点が分かっている、ということかも知れない

Pocket

セルフチェックをしようにも、観点が分からなければセルフチェックのしようがない。技術力がある、とは、セルフチェックの観点が分かっている、ということなのかも知れない。

Continue reading…

モバイルアプリへのhot code pushにより、Webの当たり前がアプリの当たり前に

Pocket

モバイルアプリのようなスタンドアローンアプリとWebアプリの違いは、ソフトウェアの更新のタイミングを、ユーザーの自由にできるか否かという部分がとても大きい。例えばアップデートによって一部データが不正に書き換えられてしまうバグがあったとして、開発者としては緊急アップデートを出したいとしても、ユーザーが更新してくれなければ更新されないままになってしまう。

Continue reading…

コードレビューで大事なのは、読めないコードを「読めない!」と言える勇気だと思う

Pocket

一見読めないコードでも、「読めない」と言うと何だか負けた気になって、頑張って読んでコメントしようと思ったりしますよね。しませんかね。でも、コードレビューで大事なのは読めないコードを「読めない!」と言える勇気だと思います。

Continue reading…

目の前にある問題から目を背けない〜レガシーコード改善勉強会で得たもの〜

Pocket

先日9/27に「納品のない受託開発を支える レガシーコードを作らない仕組み」というテーマでレガシーコード改善勉強会にてお話をさせていただきました。

Continue reading…

内部設計で「どっちでも良い」とき、どっちを選ぶか

Pocket

どっちの内部設計方針をとったとしても、ユーザから見える振る舞いは変わらないので、正味どちらでも良い。でも、どちらの方針を取るか決めなければならい、どうしよう? そんな岐路に立たされたこと、あると思います。

Continue reading…

不完全な製品でなく、半分の製品を作る

Pocket

「必要最低限の機能をまずリリースする」、と言うとまるで不完全なプロダクトを作るように聞こえてしまうし、プロトタイピングレベルのものをリリースするべき、みたいに聞こえてしまうけど、そうではないんですよね。

Continue reading…

「◯◯はやっておくべき/読んでおくべき」に意味はあるのか?

Pocket

よく聞かれることの一つに、「◯◯って、やっておくべきですかね?」「◯◯は読んでおくべきですか?」という質問があります。学んだことがすぐに廃れてしまう技術の分野の話って、やっぱり気になりますよねー。そういうときに答えている内容について、ブログに書いておこうと思います。

Continue reading…

「コードレビューをする」という成長の機会

Pocket

「何かコードレビューについて、良いネタないですかね」と社内で振ってみたところ、「最近コードレビューされる側の記事を書いているみたいだけど、視点を変えて、する側の視点で考えてみては?」というアドバイスをいただきました。なるほど。

Continue reading…