SWIFTという観点で良いテストが書けているか評価する

Pocket

Rails 4 Test Prescriptionsをポチったので読んでいます。その中の”What makes great tests”という章の中で、良いテストかどうか評価する観点が書かれていたのでメモ。

Continue reading…

Railsでの開発はテストを腐らせたら死ぬ

Pocket

Railsをバージョンアップし続けるために必要なこと、ほんとRailsで開発する限りはテストが書かないと死んでしまうよね、うんうん、そうよなそうよな、と、首を縦に振りながら読んでおりました。更に言うと、テストを書いていたとしても、テストを腐らせると死にます。

Continue reading…

「デキるプログラマだけが知っているコードレビュー7つの秘訣(DevLove版)」内のコード解説

Pocket

先日デキるプログラマだけが知っているコードレビュー7つの秘訣(DevLove版)のスライドを公開したのですが、「ダメなコード例のどの辺がダメなのか、スライドがなくて分からない」という声をいただいたので、解説を載せようと思います。Railsのコードなので、Railsのコンテキストに従った説明になってしまいますが、ご容赦を。。

Continue reading…

「一人でもコードレビューはできる!」Sendagaya.rbでコードレビューについてディスカッションしました

Pocket

先日デキるプログラマだけが知っているコードレビュー7つの秘訣というテーマでSonicGarden Studyというオンライン放送にてお話をさせていただきました。参加者が500人とかなり大盛況の放送だったのですが、その分流れる質問量も激しく、十分に質問にお答えできなかったなーという感がありました。そこでその放送の翌週にあたる8/18(月)にSendagaya.rbの場をお借りして(thanks @tkawa!)コードレビューについてディスカッションする機会を設けさせていただいたのでした@ソニックガーデンオフィスにて。

Continue reading…

好みの指摘と、品質の指摘

Pocket

コードレビューで意味のない指摘の一つに、品質に関する指摘ではなく好みの問題に関する指摘がある。

Continue reading…

テストしにくいコードは、嫌なコード

Pocket

来週話すクソコードに思いを馳せる毎日ですが、クソコードと言うか、嫌なコードだなと思うコードの一つに、テストしにくいコードがあります。

Continue reading…

コーディングスタイルガイドをみんなで議論するということ

Pocket

コーディングスタイルガイドとは、ある言語、あるフレームワークを使用するときに守る、コードの書き方のガイドのようなものです。システムに対してより抽象度の高い表現が可能になった昨今、コーディングとはシステムにおける設計そのものであり、コーディングスタイルガイドはその設計を支える標準化の仕組みと言えるでしょう。

Continue reading…

Gitのコミットログからバグのありそうなソースコードを追う

Pocket

Gitのコミットログからバグのありそうなソースコードを追う。そんな仕組みがあります。Rubyで動く単純な実装としては、Bugspotsがあります。

Continue reading…