Rails Style Guideに載っていることが分かれば大体Rails書ける気がする

Pocket

Rails Style Guideに載っていることが分かれば大体Rails書ける気がしました。もちろん実際に書けるというのと、知識として知るのは全く別のことだと思うのですが、知識としては要点がかなりおさえられている気がしました。

Rails Style Guideで言っていることが分かれば大体分かってる

もちろんRails Style Guideは個々の単語(ActiveRecordとかMigrationとか)が分かっている前提で書いてあるので、その分のハードルは高いのですが、逆にここで書いてあることが理解できれば大体Railsのコードが書けるし読めるという到達点が示されている、と捉えることもできます。

昔流行った遅延学習法の話に遡るわけでもないのですが、1から積み上げで勉強していくのも退屈だし、0の段階からいきなりコードを書くのも若干ハードです。何より、知識としてどこまで学べば良いのか分からないという状態が、何よりもつらい気がします。

そういう意味では、「Rails Style Guideに書いてあることが分かるのが最初のゴールだよ」というのは、なかなか良い目標設定なのでは、と感じました。

同様にRubyならRuby Style Guideですね。