Railsのapp/views以下をS3に置いてリリース無しにViewを変更できる「s3_rails」

Pocket

「いちいちちょっとしたViewの変更をリリースするの面倒だから、app/viewsごとS3に置いて管理できるようにしちゃえば良いじゃん」という、何ともマジかよ的な発想を実現できるGemがs3_railsです。

app/viewsを切り分けるという発想

app/views以下を切り分ける発想というのは珍しいものではなく、Crafting Rails4 ApplicationsではViewをDBで管理する方法も紹介されているようです。一方で、S3 RailsではそれをS3で管理できるようにしたよ、とのこと。

DBで管理できるようにすると、もはやそれはRailsの名を借りたCMSだよね、という感じで、むしろRails as a CMSのような使い方をしている人にはマッチするのかも知れません。

ただ更新の差分管理だとか、いろんな機能を実装する必要があると思うので、sonicgarden.jpは静的ファイル&Gitの構成で記事を管理しています。Gitなら、Gitが差分管理してくれますからね!

S3 Railsの使い方

話はそれましたが、S3 Rails自体の使い方をざっくり紹介します。

S3 Bucketをつくる

まずはバケットがないと話にならないですね。バケットを作って、こちらのサンプルに従ってポリシーを設定しましょう。

s3_rails.ymlを作成する

config以下にs3_rails.ymlを作成します。

ApplicationControllerに設定を追加する

S3で探す前にRails.root以下のviewを探索する場合は、ApplicationControllerに以下のように設定します。

Rails.root以下のviewを探索する前にS3上のファイルを探索する場合は以下のように設定します。

再起動&S3Railsのキャッシュリロード

アプリケーションを再起動するのと、S3上のファイルを変更した場合はキャッシュをリロードする必要があります。

キャッシュリロードの方法はtouch tmp/s3_rails.txtするか、S3Rails::Resolver.instance.reloadを叩くかするとリロードされるようです。

一部だけS3に切り分けられるので、例えばランディングだけS3で管理するといった使い方ができそうです。