開眼!JavaScriptを読みました

Pocket

そろそろJavaScriptに開眼したほうが良いのではないかと思い、開眼!JavaScriptをという本を買いました。今のところ、Amazonのカスタマーレビューで全て★5つを獲得している、ニクイ本です。JavaScriptに開眼できたかどうかはさておき、上手い構成だし、読みやすい本でした。

なるほど、JavaScriptのキモをおさえるとは、つまり9つのネイティブ(もしくはビルトイン)オブジェクトコンストラクタをおさえることだったのか

JavaScriptはオブジェクト指向言語ですが、そのJavaScriptを支えているのは9つのネイティブ(もしくはビルトイン)オブジェクトコンストラクタです。つまり、この9つのコンストラクタをおさえることが、すなわちJavaScriptの真の理解に繋がるんだよね、というのが本書のキモです。

  • Number()
  • String()
  • Boolean()
  • Object()
  • Array()
  • Function()
  • Date()
  • RegExp()
  • Error()

とは言いつつ、Date()RegExp()Error()は端折られているし、体感的にほぼ8割ぐらいはObject()Function()の話なのですが、ゴールの持って行き方が大変良いなと思いました。「あ、この9つがキモなんだ」と、そのあたりかなり開眼できます。

どんな層向けの本なのかは悩ましいところだが・・・

初級者にはちょっと退屈な気がするし、中級者が読むべきかと言われれば大半知っている内容だし、そういう意味では誰が対象なのか、悩ましい本ではあります。

世の中に存在する、価値のあるJavaScriptの本は、ほとんどが3インチぐらいの厚さを持っています。David Flanaganによる『JavaScript第6版』(オライリー・ジャパン)は良書ですが、消化するには厚すぎます。徹底的にすべてを説明せずに核心に触れる本を書きたかったのです。(「はじめに」より抜粋)

JavaScriptで毎日コードを書いているものの、もやっとしたところを再度整理したいという人が、電車の中での読み物として読むのも良いと思います(僕のパターン)。スコープとクロージャの説明は、今まで読んだどの文章よりも分かりやすかったです。薄いけど内容のない本ではなく、薄いからこそ本当に内容のある本だと感じました。通勤のお供にどうぞー。

開眼!  JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質
Cody Lindley
オライリージャパン
売り上げランキング: 21,304

目次