機種変更キャンペーンが充実していたのでついにiPhone5Sに乗り換えました

Pocket

長らくiPhone4Sを使っていたのですが、iPhone5から縦に伸びた解像度をシミュレータで確認し続けるのに限界を感じたので、ついにiPhone5Sに乗り換えましたー!

Continue reading…

モバイル向け軽量CSSフレームワークRatchetが2になって帰ってきた!

Pocket

急にGithub PagesにあったRatchetのページが消えていた(参考)。

ついにRatchet死んじゃったのかな・・・デザインも古臭かったしなーと思っていたら、なんとRatchet2になって帰ってきていました。しかも、Twitter Bootstrapのチームの一員として。

Continue reading…

持ち歩けるホワイトボード、NUboard(ヌーボード)がとても良い

Pocket

半径数m内で今流行りのツール、「NUboard(ヌーボード)」

いわば持ち歩けるホワイトボードなのですが、書いている感触がとても良いです。意識が高まります。

Continue reading…

朝に白湯を飲むようになってから、あまり二日酔いしなくなった

Pocket

このブログ、実は「二日酔い」というキーワードで飛んでくる方が結構多いのです。

「二日酔い解消点滴」を試してみた

この記事がはてブ数やLike数のわりに、いつもじわじわとアクセス数を稼いでいます。二日酔いネタ、需要あるんですね。という訳で、最近の二日酔い対策ネタをポストしてみようと思います。

Continue reading…

プログラミングに対する考え方の80%ぐらい影響を受けた「UNIXという考え方」の素晴らしいまとめがあった

Pocket

「UNIXという考え方」という本がある。

僕は図書館でふらふらと本を物色しているときに偶然見つけて借りて読んだ本なのだけど、その内容は素晴らしく、かつコンパクトにまとまっていて、改めて内容を思い返してみると自分のプログラミングに対する考え方の80%ぐらいがこの本に影響されているのではないかと思えるぐらい影響力の強い本だ。

しかもそのページ数、たかだか148ページ。同じぐらい影響を受けた「小さなチーム、大きな仕事」もたいがい薄い本だと思うのだけど、こちらは269ページ。どれだけコンパクトに重要なことが収まっているのかよく分かる。

Continue reading…

ブログを書くということは自分の考えを思い返して、コンテキストのズレを見つめなおすということ

Pocket

たとえば「プログラマーに大事なのは技術に対するノリの良さだよな」と思ってブログを書こうとしたとして、その場では「うん、何となくノリが良いと楽しそうだし良いよね」と思うのだけど、いざ書こうとすると、

  • 技術に対してノリが良いというのはどういうことなのか? なぜノリ良くあるべきか?
  • どういった観点でノリ良くあるべきか?
  • ノリが良いことでビジネスにどういった影響を与えるか?

なーんてことを考え始めて、「いや、さすがに楽しいだけじゃいかんよな・・・」と思って、上手く書けなくなってしまったりもする。

Continue reading…

賃貸物件の仲介手数料が無料・・・だと・・・!?と思って、無料にできる理由を徒然なるままに考えてみた

Pocket

賃貸の物件を新しく借りるときは、大体どこかの不動産屋に仲介に入ってもらうので仲介手数料を支払うことになる。だいたい相場は、1ヶ月の賃料の半額。そこそこ良い金額である。たまに仲介手数料無料をうたう不動産屋もあるけれども、逆にどこで金を取られるのか不安になるので、易々と話は聞けない。

Continue reading…

Random User Generator Extensionを使えばPhotoshopを使っているときにサンプルの顔写真に困らない!

Pocket

このExtensionを使うとPhotoshopの画面上でサンプル顔写真をコピペしまくることができます。モック作るときに便利ー!

Random User Generator

Continue reading…

次期バージョンのRubyMineではAngularJSをサポート!SpringもVagrantも使える

Pocket

ついにRubyMineでAngularJSでサポートされるようになりました! いっそWebStormを統合してくれれば良いと思うのですが。

RubyMine Hinoki EAP is Open!

Continue reading…

Webデザイン力を高める?色のRGB値を当てるゲーム

Pocket

PCで色を扱っていると、色を見た時に「大体RGB(CYMK)このぐらいかなー」なんて思ったりますよね。しませんかね。

そんな人向けに、色のRGB値を当てるゲームがありました。

whatthecolor

Continue reading…