IEはどのバージョンに対応すれば良いのか考えるためにIE、OSのバージョン別のサポート状況を整理してみた

Pocket

仕事であれ個人であれWebサービスを開発していて話に上がるのが「どのIEのバージョンからサポートするか?」だと思われます。官僚的な要件でIE6に対応しなければならない、といった事情以外だと、jQuery2.0からIE6〜8をサポートしなくなるといった開発側の事情も相まって、少し頭を悩ませる事になります。

そういう訳で、IEの各バージョンがどのOSのバージョンの標準搭載になっているか?や、各OSバージョンでサポートされているIEのバージョンをおさらいしつつ、現状のシェアを見ることで冷静に見極めができるようにしようと思います。

InternetExploererバージョン毎のサポート状況

IEバージョン サポート終了 OSデフォルト 備考
IE6 SP3 2014年4月8日 Windows XP SP3 最終リリース日は2008年4月21日
IE7 2017年4月11日 Windows Vista
IE8 2020年1月14日 Windows 7
IE9 2020年1月14日 (なし)
IE10 2023年1月10日 Windows 8
IE11 2023年1月10日 Windows 8.1

WindowsのOSバージョン毎のIEサポート状況

OSバージョン IE6 IE7 IE8 IE9 IE10 IE11
Windows XP X X X
Windows Vista X X
Windows 7 X X
Windows 8 X X X X
Windows 8.1 X X X X X

△:レンダリングエンジンとして使用可

OSバージョン別のシェア(2013年12月〜2014年1月時点)

StatCounter-os-JP-daily-20131201-20140101-bar

(情報元: StatCounter Global Stats – Operating System Version Market Share

OSバージョン シェア
Windows XP 11.21%
Windows Vista 8.46%
Windows 7 52.82%
Windows 8 7.78%
Windows 8.1 3.4%

ブラウザバージョン別のシェア(2013年12月〜2014年1月時点)

StatCounter-browser_version-JP-daily-20131201-20140101-bar

(情報元:StatCounter Global Stats – Browser Version Market Share

IEバージョン シェア
IE6 (圏外)
IE7 (圏外)
IE8 8.55%
IE9 6.38%
IE10 28.73%
IE11 4.32%

Windows Vistaからはブラウザのバージョンを勝手に上げる更新機能があったような気がするのですが、その割にはIE8、IE9のシェアがありますね。会社で使っているといった事情なのでしょうか。

メディアならIE8から対応、ツールならIE10からの対応が良いのでは

以下の記事を参照すると、更にIEバージョン別にどういったHTML/CSS/JSに対応しはじめたか?について詳しく知ることができます。

Internet ExplorerのどのバージョンからどのHTML/CSS/JSに対応しているかの一覧

所感としては、IE10以降を対象にすれば、Chrome、Firefox、Safariといったブラウザと共に同じレベル感で開発ができるため、開発効率が良いです。IE8〜9を対象にするとした時点で、それぞれのバージョンでの癖を頭の片隅に考慮に入れておく必要がある感じがあります。

ただ、どんなWebサービスでもそんな最新の機能を使う必要があるのかと言うと、そうでもないと思います。

ざっくりWebサービスを「メディア」と「ツール」に分類すると、より多くの人に見て欲しい「メディア」なんかだと、情報を見せるのが目的なので、対応ブラウザの間口を広くしておきたいですよね。対して「ツール」は、使い勝手に重きを置きたいので、より最新の機能を使ってユーザビリティを高めたい。そういう訳で、メディアならIE8からの対応、ツールならIE10からの対応が良いのではないかと思います。

とはいえ、近年はそもそもスマホからの流入も多い訳で、メディアの種類によってはIE対応に割く時間をスマホ強化に当てたほうが良いなど、そこは総合的に判断するしかないと思われます。いずれにせよ、IE6〜9に対応すると、IE対応という名の工数が発生します。イマドキっぽいこともできないです。

最終的には、誰に売るか、が問題なわけですけどね。