ネイキッド・ドメインのリダイレクトをRoute53 + S3で実現する

Pocket

wwwのつかないドメインのことをネイキッド・ドメイン(Naked Domain)と呼びます。

wwwなしでURLを入力されたときでも、適切にwww付きのURLにリダイレクトしたいものですが、それをいちいちWebアプリ側で行うのも手間ですよね。

ただし、DNSとしてAWSのRoute53を利用している場合は、そんな手間は必要ありません。AWS側で手軽にリダイレクトの設定を入れられるので、今回はその方法をご紹介します。

一目で分かる図解

20130509_02

S3バケットの準備

futagomama.com(ドメイン名)といった名前でバケットを作成し、バケットにアクセスがあった場合は所定のURLにリダイレクトするよう設定しておきます。

今回はfutagomama.comにアクセスがあった場合にwww.futagomama.comにリダイレクトしたいので、www.futagomama.comにリダイレクトするよう設定します。

図の設定項目はS3の管理画面のPropaties > Static Website Hosting > Redirect all requests to another host nameにあります。

ドメインにAレコードを作成

Create Record SetでDNSレコードを作成します。Typeは「A – IPv4 Address」を選択し、Aliasを「Yes」に設定します。

この状態でAlias Targetをクリックすると、プルダウンメニューに先ほど作成したS3バケットが表示されますので、選択してSave Record Setをクリックします。

これでネイキッド・ドメインをwww付きURLにリダイレクトする設定が完了しました!

なかなか便利なので、皆様もお試し下さい。