VimからBloggerへ快適に投稿できるようにする

Pocket

※本エントリはマカー専用です。

はてなダイアリーからBloggerに引っ越したのは良いのですが、Bloggerの投稿の仕組みが死ぬほど面倒くさくて全くエントリを投稿していなかった@mahmです。こんにちは!

一般的に、はてな記法に慣れた人間が他のブログツールへ移行すると、あまりの投稿の面倒くささの末にブログ不投稿になると言われています。一種の病です。

そんな病を克服するために、以下のようなフローでエントリを投稿できると良いのではないかと考えました。今回はこの各項目に対する実現方法をご紹介したいと思います。

  1. Markdown形式でエントリを書く。
  2. Quickrunでどんな感じのHTMLが吐かれるか確認する。
  3. blogger.vim等のBlogger投稿スクリプトで下書きを投稿する。
  4. Bloggerのプレビューを見て微修正する。
  5. エントリを投稿する。

1. Markdown形式でエントリを書く。

よく知られたマークアップ言語としてHTMLやTeXがありますが、より人間にとって読み書きしやすいマークアップ言語としてMarkdown形式があります。(参考:「Hack #52: Markdown形式の文書を書く」)

はてな記法をそのまま採用するのも良いですが、はてなダイアリーと別れを告げた人間としては別の記法を採用したいものです。よってMarkdown記法を採用します。

導入方法

mkd.vimを使用するのも良いですが、より導入が楽なvim-markdownを筆者は使用しています。

vim-markdown https://github.com/hallison/vim-markdown

pathogen.vimを導入している人ならbundleディレクトリ以下でgit cloneするだけでvimプラグインを導入できます。ゆろよろさんの「Mac OSXでのvim環境整理。.vimrcやらオヌヌメPlug inやらまとめ。」をご覧頂くと詳しい設定方法が載っています。

ちなみに筆者はゆろよろさんのdotfilesそのものをgit cloneして、カスタムして使用しています。何もかもに疲れた人にはおすすめです。

image

vim-markdownを導入すると .md .mkd .mkdn .mark*
という拡張子のファイルをvimで開いたときにmarkdownというファイルタイプで自動的に読まれ、マークアップ箇所がハイライトされます。READMEファイルはMarkdown記法で書かれていることが多いので、導入するとREADMEも読みやすくなって快適です。(githubではMarkdown記法で書かれたREADMEファイルを自動的にHTMLへ変換して表示してくれます。Markdown記法は覚える価値のある記法です)

Markdown記法の要領については下記のブログで非常に丁寧に説明されています。筆者は今まさに、下記のブログを参照しながらこのエントリを書くことでMarkdown記法を覚えようとしています。

Markdown文法の全訳 http://blog.2310.net/archives/6

2. Quickrunでどんな感じのHTMLが吐かれるか確認する。

vim-markdownによるハイライトで今書いているMarkdown記法が合っているかどうか大体分かりますが、心配性な人は書いている横で実際にブラウザでプレビューできるとなお嬉しいでしょう。筆者は嬉しいです。

Vimには幸いquickrun.vimというプラグインがあり、このプラグインを使うことで編集中ファイルのファイルタイプに対応したコマンドを、ショートカット[Leader]r[Space]を利用して実行することができます。

導入方法

まずquickrun.vimをセットアップする必要があります。セットアップ内容については以下のページを参照して下さい。

Hack #7: 編集中ファイルを実行し、結果を表示したままにする
http://vim-users.jp/2009/05/hack7/

また、ブラウザでプレビューするためにはMarkdown記法をHTMLに変換する仕組みが必要ですので、ここではpandocをインストールします。pandocはHaskellで書かれた文章コンバータです。

ここでMacな人はMacPortからインストールできるんだぜ!と言いたいところですが、MacPortにあるpandocはバージョンも古く、何故かbuildに失敗するので、cabalからインストールすることにします。

cabalとはHaskellのパッケージ管理システムです。pandocはHaskellで書かれているプログラムなので、cabalを利用してインストールします。

Haskell自体をビルドするため非常に時間がかかります(筆者のMacBookで2時間ほどかかりました)。2行のhs-happyはHaskell用のパーサジェネレータです。入れておくとcabalでのビルドが安定して嬉しいらしいので、一緒に入れておきます。

次に待望のpandocをインストールします。

あせらずにcabal自体をアップデートしてからpandocをインストールします。

これですぐにQuickrun!・・・できるはずが

:setfiletype markdownしてQuickrunを呼び出したところ、何故かmarkdownというコマンドを呼び出してしまいます。Quickrunはあらかじめ関連付けられていないファイルタイプで実行された場合、ファイルタイプ名のコマンドを呼び出そうとします。風の噂ではQuickrunはmarkdownに標準対応していると聞いたのですが、しょうがないので地力でなんとかすることにしましょう。

上記のスクリプトを markdown.sh
という名前で保存し、/usr/local/binにシンボリックリンクを作成します。/saved/dirは保存したディレクトリに読み替えてください。

これでQuickrunを使用してMarkdown文章がどんなHTML文章に変換されているか確認しつつ、プレビューをブラウザで行うことが可能になりました。

2011/1/24 追記

.vimrcに以下の設定を追加することで、上記のシェルスクリプトの作成が不要になります。と、Quickrun作者のujihisaさんよりコメントを頂きました。ありがとうございます!

3. blogger.vim等のBlogger投稿スクリプトで下書きを投稿する。

Vimからbloggerへ投稿するプラグインとして、ujihisaさんが作成されたblogger.vimがあります。これをありがたく使わせて頂きます。

導入方法

以下がblogger.vimを使用する前提条件です。

  • vim 7.2+
  • ruby 1.9.2+
    • (gem) nokogiri 1.4.2+
    • (gem) net-https-wrapper
  • pandoc 1.2+

pandocは先ほどインストールしましたので、metarwは\~/.vim/bundleディレクトリ以下にgit clone、gemはgem installでインストールしましょう。

blogger.vimのREADMEにblogger.rbとblogger.vimをコピーするように書いてありますが、pathogen.vimを使用している場合は必要ありません。blogger.vimは\~/.vim/bundleディレクトリ以下にgit cloneするだけで良いです。

blogger.vimのインストールまで完了したら、.vimrcを以下のようにセットアップします。

.vimrcなどのドットファイルをgithubなどで管理されている方はパスワードが丸見えになりますので、「Hack #108: vimrc で外部ファイルを取り込む」でも紹介されている通り、別ファイルでパスワードを管理されると良いでしょう。

blogger.vimの使い方

image

以下のコマンドを実行するとエントリのリストを取得できます。タイトル部分でEnterするとそのエントリの内容を取得でき、更にそのエントリを編集して保存すると、Bloggerのエントリも合わせてアップデートできる親切設計です)

また、編集中のファイルに対して以下のコマンドを実行すると、エントリを投稿することができます。

ハマりポイント「なんかgemのrequireとかでやたら怒られますよ?」

RubyのバージョンをRVMで管理していたりするとありがちです。Vimがシステムの方のRubyを実行してしまっています。

こんなこともあろうかとrvm_ruby.vimというプラグインがあるので、上記の問題に突き当たってしまった方はインストールすると良いでしょう。

注意点としてターミナルから実行しないとRVMの設定が有効にならないことが挙げられます。ターミナルから実行するようにしてください。

下書きで投稿できるようにする。

blogger.vimには下書きで投稿できる機能はないようなので、若干改造して、タイトルが「DRAFT」で始まるものについては下書きとして投稿するようにします。

:w blogger:draftといった形で下書き投稿できるようにしても良かったのですが、.vim側でも.rb側でも「:」以降のコマンドを直にハンドリングしていることもあり、少し大きな改造となりそうだったためです。

githubにあがっているものとの差分は以下の通りです。

これで下書きについてもタイトルの先頭に「DRAFT」とつけ:w blogger:createとするだけで投稿できるようになりました。

4. Bloggerのプレビューを見て微修正する。

そのまんまですね。

5. エントリを投稿する。

そのまんまですね。

残された課題

  • さりげなく載せたスクリーンショットをご覧の通り、筆者の環境で「#」を使用した行がハイライトされません。何故だー。
  • 画像もまとめて投稿できるとなお良いのですが、大変そうです。

最後に

無事にVimでBloggerに投稿できるようになりました。Vimの底力には常々驚嘆させられます。

しかし、ここまでの機能が実現できているのは、今もなお精力的にプラグインをコミットして下さっている皆様のおかげです。この場を借りてお礼申し上げます。筆者も何か貢献出来れば良いなぁ、と常々思っております。

いやぁ、Vimって本当に良いものですね。それでは、rails.vimを作成されたTim
Popeさんの、かの有名な次の一文で最後を締め括りたいと思います。

TextMate may be the latest craze for developing Ruby on Rails applications, but Vim is forever.