めっちゃくちゃ速いrubyのweb server「Raptor」が32日後に出るらしい

20141023

この記事を書いている2014/10/23から32日後に出るらしいです。Date.parse('2014-10-23').since(32.days)したら2014/11/24と出てきたのですが、こちらのページを見ると2014/11/25のリリースのようです。時差の関係ですかね。どうせならクリスマスにでもすれば良かったのにね。

Continue reading…

ガートナーの今後5年間のテクノロジ予測からスマート・マシンとの共生を想う

20141020

Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?という記事を読んで、ふとスマート・マシンという単語が目に止まりました。「2018年まで: スマート・マシンと産業化されたサービスの導入により、企業における全体的な運用コストは 30% ほど削減される。」とあるけど、スマート・マシンって何だ?

Continue reading…

セルフリノベーションできる賃貸が空き家現象を少しは食い止めるのでは

20141019

新築でマンションを買うのも高いし、かといって中古マンションを買ってリノベーションするのもそれなりにかかるわけで、どちらかと言うとずっと賃貸で済ませたい。でも、賃貸とはいえもう少し自分のオリジナル間取りにしたいという要求はあると思うのです。

Continue reading…

ActiveRecord::Base#touchでレコードの数だけupdateがコールされてしまうのをひとまとめにしてくれる「Activerecord::DelayTouching」

20141018

子レコードにbelongs_to :parent, touch: trueなどと宣言した場合、親レコードにaccepts_nested_attributes_for :childrenと宣言した上で親レコードを更新すると、子レコードの数だけUPDATE文が実行される動きになる。本来1回で済むはずのUPDATEの実行がN-1回分余計に実行されるわけで、これをひとまとめにしてくれるGemがactiverecord-delay_touchingなのです。

Continue reading…

データをマイグレーションする「nondestructive_migrations」

20141017

Railsアプリを運用していると、DBスキーマの変更にあわせてデータも移し替えたりしたいこと、ありますよね。時には、DBスキーマと関係なく、一律データをリフレッシュさせるためにバッチを流したりすることもあるかと思います。

そういう場合はRakeタスクなんかを作成して流すと思うのですが、一度きり流すものをRakeタスクにするのも何だかなーと思うのと、かといってコンソールで直接流すのもなんだかなーという気持ちがあります。それを解決するのがnondestructive_migrationsです。

Continue reading…